×

最新の物件情報

もっと見る

最近のTOPICS

2017.01.30
トピック22 投資物件購入をして、はじめての確定申告 その1
2017.01.13
トピック21 首都圏にも過疎化地域が存在!?
2016.11.30
トピック20 マンションの耐震化の方法 
2016.11.08
トピック19 公務員でも不動産投資は可能なのか?
2016.11.06
トピック18 観光庁発表 訪日客、初の年間2000万人突破

もっと見る

×

トップトピックストピック10 深刻な状況下の日本経済、だからこそ不動産投資をはじめる

トピック10 深刻な状況下の日本経済、だからこそ不動産投資をはじめる

2016.10.12

不動産投資への不安は、何ですか? リスクよりもメリットが多い不動産投資

「不動産投資について興味があるが、不安も感じている」あるいは「基礎知識は学んだがまだ実践する勇気がない…」といった方々にぜひ読んでいただきたいのが、今回のテーマです。

その不安や勇気が出ない原因が、投資へのリスクが理由なら、それらのマイナス要素を払拭していただけるように、不動産投資はリスクが低い投資であることをご説明します。
なぜ、今、不動産投資なのか…その理由をひも解きながら、不動産投資の実践についての意義をお確かめください。

fukeiki

 

いざ、実践へ!今こそ身に着けた知識を活用するとき。

不動産投資を行うにあたり、非常に熱心に勉強される方が多くおられます。不動産投資についての書籍を読み、インターネットのサイトをチェックし、多数のセミナーにも出席される勉強家の方をこれまでも多く見てきました。事業を起こす前に、事業内容について知識を身に付けリサーチするのは、確かに大切なことだと言えます。
しかし、不動産投資を行うオーナー様(大家さん)は不動産について批評をする学者とは大きく異なります。実際のところ、勉強を積んでいる机上からの一歩が踏み出せない方を、多数見てきました。勉強をした後は、不動産について学んだ知識を大いに生かしてアクションを起こす、実践することが何よりも重要です。

オーナー様(大家さん)の目的は何でしょうか?「家賃収入を得て、快適で豊かな人生を過ごす」ことです。それがゴールであることを忘れてはいけません。

では、具体的にどのように実践すればよいのでしょうか?それには、今まで皆様自身で調べたり、学んだことにヒントが隠されているはずです。さまざまな実践で成果を出して来た経験者の話に、ご自身の知識を融合させてフルに活用して下さい。

ただし、学び方を間違えているケースも多々あります。
不動産投資に関して勉強を始めたい、あるいは勉強中の方こそ、今回のトッピクをお読みになり、ご自身の勉強方法が的確かどうか確認していただきたいと思います。すでにある程度の知識をお持ちの方も、復習をこめて読んでいいただければ幸いです。

もっと資産を増やしたい方、不動産投資についておおむねの知識はあるがアクションに踏み切れていない方…そのような方についても最適な内容を発信したいと考えています。不動産投資について役立つ行動方法や具体的な実践内容について解説いたします。

 

現在の日本経済状況下でも、着実に収益を上げている不動産投資家の存在

リーマンショックに次いで全世界で株価が下落、日本では消費税増税や物価上昇など、経済情勢の不安定な状況が続いています。国内の経済状況は、この20年ほどの間、不景気の一途をたどっています。

そんな不安定で先行きが見えない時代に、着実に収益を上げている不動産投資家が存在するということをご存知ですか?

また、「老後破産」「下流老人」「格差社会」「マイナス金利」など…将来への不安が多い時代だからこそ、実物資産が残る不動産投資をする人が増えているとも言えます。
投資というとリスクが高く、損失が大きいといったマイナスイメージが強いかもしれません。しかしながら、めまぐるしく移り変わる不透明な近年の経済状況において、安定した投資手法もあるのです。それこそが不動産投資です。

もちろん不動産価格や利回り等の状況変化はありますが、不動産は、他の商材とは異なり少し特殊だと言えるかもしれません。
たとえば、賃貸マンションに住んでいる方ならよくわかるかもしれませんが、家賃が急激に下がったり、上がったりといったことはありましたか? 家賃に関しては、ここ15年を振り返ってもほとんど変動はないと言えます。

現在の家賃の5年後を想定すると、もし何らかの大きな変化があったと見込んでもそのふり幅は10%以内でしょう。
常に変化している市場経済とセットになっているはずの不動産なのですが、変化の幅が緩やかであるため、将来の家賃収入の予測もつきやすいというのが、不動産投資のメリットなのです

 

不動産投資を1日も早く始める理由と、低いリスクについて

不動産投資は、1日でも早く始めるのが得策です。なぜなら、賃貸物件のオーナー様になったその日から家賃収入が入って来るからです。すぐに始めずに様子をうかがっていたら、その期間は得られる利益はゼロということになります。

待機期間が1年とすると、1年分の家賃収入を損したことになります。したがって、早めに始めていただくことをおすすめします。
ただし、不動産投資に関する知識をしっかりと身に付けてから行うことか大切です。良い投資をするためには、事前に準備をしておくことが大切です。

とは言っても、まだまだリスクについて不安が拭いきれない方もおられるかもしれません。まず「リスク」の意味について、きちんとその定義を理解したいと思います。

「リスク」とは、一般的に「危険度、結果を予測できる度合い、予想通りにいかない可能性」などのことを表します。投資の世界では、「収益のふり幅」を指しています。
それらを前提として、もっと長いスパンで考えてみましょう。不動産投資をする人生と、しなかった人生を比較してみます。

まず、一般的な意味合いのリスクとして考えると、投資をしていなくても、少子高齢化を迎えるこれからの社会において、結果を予測できることや思い通りにいくことは少ないのではないでしょうか。むしろ不安が多い社会で、不動産投資などの経済的なプランを立てずに生きる無計画な人生の方が危険でリスクが高いと言えます。

企業で長年会社員をしていると、整った管理体制に守られ、自分磨きをすることを忘れてしまうかもしれません。
会社員を続けていると、給料日に自動的に給料が振り込まれるため危機管理を忘れてしまいがちなのです。そんな状態で急に会社からリストラされたら、お金の工面に困り、途方に暮れてしまうかもしれません。

もし不動産投資をしていたら、自分で判断するという自己決定、自己責任が身に付き、厳しい経済状態の世の中でもサバイブできる術が養われる可能性があります。

人生という長い道のりで考えた時、不動産投資は自分で資産を運用するためそのスキルが身につくほか、不動産投資のセミナーなどに参加して情報交換をしながら仲間を増やすことで人間的にも成長できるなど、数多くのメリットがあります。

「収益のふり幅」という投資の意味合いの「リスク」としては、家賃のふり幅が少なく、危険度が低いのが不動産投資であると言えるでしょう

 

勝ち続けるオーナー(大家さん)になるための成功の秘訣とは

このようにリスクが少ない不動産投資は、一度学べば、いつまでも何度でも繰り返し行えるという魅力もあります。そして、勉強を重ね実績を積めば積むほどその効果が発揮しやすいというのも特徴です。

なぜなら不動産投資は、その投資手法に流行り廃りがほぼないため、基礎をマスターすれば長期間にわたり通用するからです。
そのため不動産投資をするオーナー様たちは、長期的に安定して収入を得続けている、勝ち続けているという方々が多く見受けられます。

では、勝ち続けているオーナー様(大家さん)たちのように成功するための秘訣をお伝えしましょう。
不動産投資を成功へと導くために必要な要素は3つあります。

まずひとつ目は、「メンタルの安定感」です。それは、不動産投資をするうえでの気持ちの持ち方、冷静な判断力や精神面の強さのことです。

次に、リスクを最低限におさえたりミスを回避しようとする「防衛能力」です。

そして3つ目は、資産をどんどん増やしていく積極性や不動産の目利きやセンスを発揮する「攻める能力」です。

「メンタルの強さ、守る力、攻めの姿勢」この3つの能力があれば、不動産投資は成功するでしょう。これらの3つの能力については、後日のコラムでもっと詳細をご紹介いたしますので楽しみにしてください。

今の時点で、3つの能力がなかったとしても、このコラムを通して前向きに学んでいただければ明るい未来が待っていると思います。ぜひ勝ち続けるオーナー様(大家さん)を目指してください。

ec_straight_road001