×

最新の物件情報

もっと見る

最近のTOPICS

2017.01.30
トピック22 投資物件購入をして、はじめての確定申告 その1
2017.01.13
トピック21 首都圏にも過疎化地域が存在!?
2016.11.30
トピック20 マンションの耐震化の方法 
2016.11.08
トピック19 公務員でも不動産投資は可能なのか?
2016.11.06
トピック18 観光庁発表 訪日客、初の年間2000万人突破

もっと見る

×

トップトピックストピック7 快適で豊かな人生の実現こそが不動産投資最大の目的 その1

トピック7 快適で豊かな人生の実現こそが不動産投資最大の目的 その1

2016.10.08

快適で豊かな人生設計の実現には中古不動産投資が有望

日本の経済は停滞期にあると言われますが、ただ嘆いているだけでは何も解決しません。このような時は、視点を少し変えて考えることが重要で、会社や今の仕事の枠組みから離れ、違う枠組みで収入を得ることが出来る中古不動産投資が有望な解決策になります。

快適で豊かな人生の為には老後のマネープランは重要で、最低でも老後3000万円程度の貯蓄が必要といったデータがあります。

サラリーマンの現役時代で3000万円貯蓄できても、インフレによって3000万円という現金の価値は徐々に下がってしまいます。ただ、インフレで物価上昇すれば、不動産価値や家賃も上昇するので不動産投資が有利です。

資産を増やす方法には普通預金をはじめ、MRF、大口の定期預金、個人向け国債などがありますが、どの商品もJ-REIT(不動産投資信託・全銘柄平均)の利回り(3.75%)には遠く及びません。

現在、日本は世界的にみても、低金利のマイナス金利時代に突入しましたので、金利が上がらないうちにローンを利用して不動産投資をはじめることをお勧めします。

 

会社や今の仕事の枠組みから離れて、安定した収入が得られる不動産投資に乗りだす

戦後、高度成長期を経てバブルの崩壊、リーマンショックなどを経験した日本の経済は停滞期に入ったといわれています。さらに物価上昇に給与が追い付かず、少子化により年金は当てにならない状況で、将来を見通せないといった不安が蔓延しています。

サービス残業、ボーナスのカット、リストラなど様々な苦難に直面しているサラリーマンの方もおられると思います。これらの苦難に対して、ただ嘆いているだけでは何の解決にもなりませんし、会社やお客さんに期待しても難しいでしょう。

そこで登場するのが不動産投資です。不動産投資で得られる家賃収入は会社や自営で働くような労働収入とは異なり、ほとんど不労収入なので短期間で一定の収入が見込めます。

不動産投資の成功のカギは、会社の肩書や役職、学歴など一切関係ありませんが、お客様が社会経験をどれだけ積んだかがカギになります。

 

普通のサラリーマン、OLだからこそ。一般の公務員だからこそ。

家賃収入を得るメリット、そして不動産投資に向いている人とは?それでは、家賃収入を得るメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

毎月一定の金銭が得られる家賃収入は、労働収入のように時間が縛られることもなく、家族と過ごす時間が減る心配がない、といったメリットがあります。

これまでの説明で、会社や今までの仕事の枠組みから離れ、安定した収入が得られる不動産投資に乗りだしたいと決意した方もおられると思います。ただ、自分は不動産投資に向いているのかどうかを心配している方もおられるでしょうから、不動産投資に向いている方について紹介します。

普段仕事で多忙を極め時間がない方は、不動産投資に向いています。長時間の労働のため副業を諦めている方でも、時間があまりかからない不動産投資はおすすめです。さらに、サラリーマンの方なら不動産の購入にあったてローンを組む際にも、審査に通りやすいので有利です。

年金の補てんを考えている方にも不動産投資が向いています。少子化によって日本の年金制度は揺らいでおり、年金が大きく減ってしまうかもしれないという考えは、どなたにもあると思います。頼りにならない年金の他に、収入を確保したいと思っている方も不動産投資はおすすめできます。また、投資はしたいがリスクが大きいと考え、諦めている方も同様です。

確かに、株や投資信託、FXといった投資は、景気の動向、運用会社や個人の運用方法によっては大損するリスクはあります。ただし不動産投資で得られる家賃収入は、景気に左右されることが少なく、運用方法によってはリスクを軽減できます。

持ち家を持っている方や持ち家を欲しいと思っている方は、不動産投資に向いています。持ち家を持っている方は、さらに不動産投資でローンが増えるなんて考えられないと感じるでしょうが、一番の問題は収入源がひとつしかないことです。

会社や自営で働くといった労働収入だけが財源ですと、会社の業績や景気、リストラによって収入が不安定になります。不安定な労働収入の他に、家賃収入を得ることで収入は安定し、ローン破たんといったリスクを軽減できます。

現在、住宅ローンを利用していても、不動産投資のための融資の審査に悪影響は及ぶことはまずありません。持ち家を欲しいと思っている方は、アパートを建設してご自分がアパートの一室に住むことも可能です。%e8%80%81%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e4%bb%8a%e3%81%8b%e3%82%89%e6%ba%96%e5%82%99%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8