不動産投資なら下重友之にお任せください

満足度98%

  • 少額で優良物件
  • 他社よりも安く
  • 徹底した顧客サポート

×

最新の物件情報

もっと見る

最近のTOPICS

2017.01.30
トピック22 投資物件購入をして、はじめての確定申告 その1
2017.01.13
トピック21 首都圏にも過疎化地域が存在!?
2016.11.30
トピック20 マンションの耐震化の方法 
2016.11.08
トピック19 公務員でも不動産投資は可能なのか?
2016.11.06
トピック18 観光庁発表 訪日客、初の年間2000万人突破

もっと見る

×

「中古物件」
フォーカス

だから提供できる優良物件

投資がしやすく利回りの良い中古物件だけを専門に取り扱っております。

にとって
「プロフェッショナル」
とは

24時間365日

弊社は販売するだけではありません。
物件購入後のお客様フォローに最も重点を置いています。

いつだって気軽に連絡できるぐらいの安心感を提供いたします。

ご購入の流れ

運用プラン、物件の選定

弊社の営業担当がご希望の物件条件を伺いながら運用プランおよびお支払いの方法不動産投資の注意点などもその場で丁寧に説明させていたただきます。

※物件を下見したうえでご検討いただけますのでご安心してください。

ご契約

物件が決まりましたら、宅地建物取引士立会いのもと重要事項の説明をし売買契約の締結および手付金の授受を行います。

※手付金、印紙代、印鑑(認印可)、前年の収入証明をご用意いただく必要があります。

ローンの選定、お申し込み

物件の購入にあたり、ローン申し込み書に必要事項を記入、押印していただきます。
お客様のご要望と借入れ状況に合わせた最適な金融機関、ローンプランを選定します。

金融機関と契約

ローン内定後に借り入れの契約(金銭貸借契約)を行い、登記に関する書類にご署名、ご捺印していただきます。

※借り入れ先は銀行、大手信販etc

諸費用のお預かり

関連する諸費用を、弊社指定の口座へお振り込みいただきます。
ご請求額は概算となりますので余剰金などがある場合は、お客様の指定口座へ返金させていただきます。

※諸費用とは(登記費用、火災保険料、印紙税、、ローン代行手数料etc)

ローン決済、登記(司法書士)、物件の引き渡し

ローン決済。物件の登記を弊社提携の会計事務所に依頼し、いよいよ引き渡しです。
この日より購入した物件のオーナー(大家)となり不動産投資がスタートします。

※登記手続き、諸費用の清算が完了後に弊社より登記済み権利証をお渡し致します。

YOLO Houseはお客様のライフプランに応じて

永続的にサポートさせていただきます

不動産投資の Q and A

弊社のお客様より多く寄せられた不安の声をQ&Aにまとめました。

物件が古くなった場合、家賃や資産価値はさがりますか?

家賃は物価と連動しています。また収益性の高い物件であれば、収益還元法で算出されるため資産価値についても経年にあまり左右されず価値は保たれると考えられます。

現在、自宅のローンがありますが投資用のローンは組めますか?

お客様のご年収と、自宅ローンの残債に応じて異なってきます。まずはご相談下さい。融資対象物件の収益性と資産価値を考慮するため自宅ローンがあっても組みやすくなっています。

どのような人が投資をしていますか?

一般の会社員や公務員、OLの方、自営業者の方々が非常に多いです。年齢層も20~50代と幅広い年代層の方々が、将来の不安に対する保全として、年金対策や生命保険の代わり、運用目的さらに相続税対策目的で投資用不動産を購入しています。

新築と中古ではどちらが得なの?

中古物件を購入する方のが多いかもしれません。一般的には、立地や間取りが同じ条件の場合、中古物件より新築物件の方が価格は高くなります。価格の違いとしては築浅の中古物件は、新築分譲時価格の7割前後で購入することができます。また、新築物件は物件価格が高くなっている分に見合う家賃を取れるわけではないので、収益性も中古物件より低くなることが多いです。新築物件というのは、誰かが登記をした瞬間に価格が数割下がって中古物件になります。購入してからすぐに売ろうとしても同じ価格では売れません。また、新築物件価格に広告費や営業マンの人件費なども多く含まれているためキャッシュフローを考えれば中古物件の方が良いでしょう。

購入時にはどれくらいの資金が必要ですか?頭金ゼロでも平気ですか?

フルローン(頭金ゼロ)でも購入可能です。頭金はお客様のリスク許容度によっても変わります。収益評価、積算評価で見て評価の高い物件であったり、融資を受けようとするお客様の属性(年収や勤務先など)が高い場合にはフルローンでの購入も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

信頼できる管理会社ってどうやってさがすの?

不動産管理会社は不動産投資において大事なビジネスパートナーです。いかに優秀な管理会社を見つけられるかが重要になってきます。信頼できる管理会社を見つけるにはいくつか管理会社を回ってみるのも良いでしょう。その際、管理手数料の条件を聞くのと一緒に色々と質問してみましょう。前向きな姿勢で応えてくれているかが判断の目安になるでしょう。

購入した会社が倒産したらどうするの?

仮に購入先の会社が倒産した場合、投資用不動産の所有者はお客様ですから購入先の会社はまったく関係ありません。証券や債権のペーパーマネーとは異なり、現物資産ですから財産は保全されますのでご安心下さい。

管理って管理会社に任せで大丈夫なの?

信頼できる管理会社なら任せっきりでも問題ありません。ただ、中には管理が行き届いていない管理会社もあることは事実です。時々管理状態をチェックし、不備があれば指摘する必要があります。最悪、管理会社を変更することも検討したほうが良いでしょう。

天災によるリスク(地震、津波)

地震大国の日本において、ほかの国に比べて建物の耐震技術は数倍優れているとは言え、地震や津波の天災リスクがないとは言えません。天災である以上、完全に防ぐことは難しいですが被害を軽減することはできます。地震保険に加入しておけば、全壊の場合には保険金額の全額、半壊の場合には保険金額の半分と被害状況に合わせて保険金が入ってきます。

物件ってすぐには売却できないって聞いたけど?

売買契約、決済、引き渡しまでは最短でも3~6カ月はかかると考えたほうが良いでしょう。良い物件であれば買い手もすぐに見つかりますが、条件の悪い物件であった場合は1年間買い手がつかないという可能性もあります。急いで売ろうと思ったら値下げに応じなければなりません。

購入した物件内で事件、事故、犯罪が起こってしまったら?

短期的には入居者離れが予想されます。住人による犯罪や事件、自殺など『人的リスク』も不動産投資のリスクとして考えなければいけません。起きてしまったら短期的には入居者がつかない原因になります。リスクを回避する方法として自殺や他殺をが起こったケースを対象とした保険がありますので検討してみるのも良いかもしれません。または、空室保証にしておけば保険に入っていなくても家賃は確保されますのので安心でしょう。

購入した物件は自分で管理しないといけないの?

そんなことありません。当社はお客様の資産運用にまつわるご負担を軽減するために不動産管理をサポートしていきます。家賃の集金、契約管理不動産業務にまつわるあらゆる業務をお客様にかわってサポートしていきます。

地方に住んでいても東京圏で不動産投資はできますか?

可能です。住まれている場所が地方の方でも東京圏の不動産投資をされている方がほとんどです。なぜ東京圏の中古物件を購入するかというと、地方圏と異なり東京圏の中古不動産物件は安定的に賃貸需要が多いことがその理由です。出張相談もしていますのでお気軽にご連絡下さい。

投資用不動産(マンション)の寿命はどのくらいでしょうか?

約90年と言われています。一般的な鉄筋鉄骨コンクリートのマンションの寿命(耐用年数)は財務省が定めた『法的耐用年数』の約47年ほどと言われていますが、それ以降の建て替えや取り壊しを定めたものではありません。長期的な修繕計画案を立て、定期的な補修行うことによって実際、鉄筋を覆っているコンクリートの寿命は90年と言われており、現在の建築基準法から考えても最低80~100年は保たせることが出来ると思います。

投資用不動産を購入するとどんな税金がかかりますか?

下記の税金がかかります。

  • 1、取得時に一時的にかかる税金 〇不動産取得税 〇印紙税 〇登録免許税 〇都市計画税
  • 2、取得後毎年かかる税金 〇固定資産税
※売却時に利益が出た場合は所得税等の納付が必要です。

取り扱っている投資用不動産の価格帯と場所は?

価格帯は、約1200万円~2700万円が目安になります。場所は東京23区、横浜駅、川崎駅周辺、浦和駅、大宮駅周辺になります。

修繕積立金以外にかかる費用はありますか?

給湯器やエアコンなどの住宅設備が故障、製品の寿命の場合に修繕費用がかかります。設備が利用できない状態では空室リスクや家賃の下落リスクが上昇するため、修理、交換をすることでこれらのリスクは避けることができます。新しい設備を設置することで家賃の上昇も多少期待できます。

確定申告の際はどうすれば良いですか?

弊社が提携している会計事務所に依頼して申告をしていただくか、お客様ご自身で深刻をしていただくかお選びいただくことができます。

どんな人が不動産投資に向いていますか?やめた方がよい人は?

不動産投資に向き不向きは基本的にありませんが、短期間で手っ取り早く稼ぎたい人には向いていません。 不動産投資に向いている方は、本業が忙しく副業に時間を費やしたくない人やコツコツと地道に稼ぎたい人、私設年金を作りたい人、効率よく資産運用をしたい人には向いています。